松山まさかの最下位スタート。

2015年12月4日(金)10時48分更新
Pocket

タイガー・ウッズの招待競技で18人のエリートのみで争われる
「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」が、
現地時間3日(日本時間4日)、バハマのアルバニーで開幕。
初日は6アンダーをマークしたザック・ジョンソン、ポール・ケーシー、ジミー・ウォーカーの3人が首位に並んだ。
1打差の4位グループにジョーダン・スピース、バッバ・ワトソンらが続いている。
日本からただひとり出場している松山英樹は最終18番でティーショット、打ち直しと2発池に入れる痛恨のミスショット。
このホールで7オン1パット、ダブルパーの8を叩いたのが響き、3オーバーの18位で最下位スタートとなってしまった。


関連記事

    None Found

タグ


コメント