松山、17位タイ。優勝ワトソン

2015年12月7日(月)07時28分更新
Pocket

【ヒーロー・ワールドチャレンジ】

 松山英樹が単独最下位から辛うじて抜け出して大会を終えた。

 タイガー・ウッズ(米)の招待試合で18人のトッププレーヤーだけが集結したヒーロー・ワールドチャレンジは、現地時間6日、バハマのアルバニーCCで最終ラウンドを行った。単独首位スタートのバッバ・ワトソン(米)が、6アンダー66で回り、通算25アンダーとしてパトリック・リード(米)に3打差で逃げ切り優勝。大差の最下位でスタートした初日から必死の追い上げを続けた松山は、ようやく思うようなゴルフを見せた。

通算2オーバー18位スタートした松山は、1番で幸先のいいバーディー奪取。そこから4連続バーディーで波に乗る。9番でこの日唯一のボギーを叩いたが、バックナインに入っても3つのバーディーを重ね、6アンダー66。4日間で初めて60台でプレーし、通算スコアもやっとアンダーパーとなった。これで屈辱の単独最下位を脱出。アニーバ・ラヒリ(インド)と並ぶ17位タイで大会を終えた。

勝ったワトソンはこの日も7バーディー、1ボギー。60台が当たり前のバーディー合戦の中、なんとか最後にかっこうをつけたものの、悔しい2015年最終戦となってしまった。

通算21アンダー3位には8アンダー64で回ったリッキー・ファウラー(米)が入り、世界ランクNo1のジョーダン・スピース(米)は通算20アンダー4位で連覇を逃した。


関連記事

    None Found

タグ


コメント