優勝はドナルドソン!片山13位、宮里20位。

2015年12月14日(月)03時18分更新
Pocket

【タイ】
アジアンツアーのタイゴルフ選手権最終日が13日、
バンコク郊外のアマタスプリングスCCで行われた。
初日、2日目と首位に立ちながら、3日目2位に後退した
ウエールズのジェイミー・ドナルドソンが最終日に
再び猛チャージ。
9バーディー、2ボギーの65をマーク、通算21アンダーで
逆転優勝を飾った。
2位にはディフェンディングチャンピオンのL・ウエストウッド(イングランド)と
前日首位のC・ソルデ(フランス)が入った。
日本勢は片山晋呉の9アンダー、13位が最高。
前日9位まで再浮上した宮里勇作は結局6アンダーの20位に終わった。
この大会は上位4人に来年の全英オープン出場権が与えられる。
ドナルドソン、ソルデ、ウエストウッドに加え地元タイの16歳、
P・コンワットマイが4枚目の”全英切符”をゲットした。


関連記事

    None Found

タグ


コメント