LPGAアワードもボミが主役

2015年12月17日(木)05時56分更新
Pocket

主役のイボミを中心にした2015年LPGAの"顔”たち

主役のイボミを中心にした2015年LPGAの”顔”たち

華やかなパーティーで日本女子ツアーがシーズンを締めくくった。

 17日、都内のホテルで行われたLPGA(日本女子プロゴルフ協会)アワードには、LPGAメルセデスベンツ・プレーヤー・オブ・ジ・イヤーを始め賞金女王、平均ストロークNo1のイボミ(韓)を始めとするアワード受賞者たちが集結。表彰式が行われた。

“主役“のイは、壇上のインタビューで早々に涙ぐみ、周囲に感謝をささげだ。「本当に最高の1年でした。私の実力じゃなくてキャディさんやトレーナーさん、マネージャーさん、おかあさんなど周りのみなさんが助けてくださったおかげです」。話が昨年亡くなった父に及ぶと「今年は珍しくお父さんが夢に出てきて『私の優勝を見たい』って言ったんです。(ここに)いないのが悲しいです」と、声を詰まらせた。だが、すぐに笑顔を浮かべて「(結果を)喜ぶと思います」と胸を張った。

背中の大きなリボンが愛らしい真紅のドレス姿で、スポンサーや関係者、メディアなどが集まった盛大なパーティーの主役を務め、あちこちから写真撮影のリクエストが引きも切らなかい様子は、まさに女王そのものだった。

 

新人賞に堀琴音、敢闘賞に表純子、ティーチャー・欧・ザ・イヤーに栗西鈴香、特別賞にチームLPGAなどのアワードが贈られ、レギュラー、ステップアップ、レジェンズの各ツアーの優勝者が顔を揃えた。


関連記事


タグ


コメント