来季女子ツアーは38試合

2015年12月18日(金)07時42分更新
Pocket

2016年の日本女子ツアー日程が発表された。

 3月第1週のダイキンオーキッド(3~6日、沖縄・琉球GC)に始まり、11月のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(24~27日、宮崎・宮崎CC)で終わる38試合。今年の37試合から1試合増となり、あいているのは7月第1週だけとなった。

新規大会は7月のニッポンハムレディス(8~10日、北海道アンビックス函館C上磯GC)のみで、他に賞金増額4試合。賞金総額は35億2000万円となり、前年より1億4650万5000円多くなった。

10月の樋口久子Pontaレディスが、樋口久子 三菱電機レディスに名称変更。日本女子プロゴルフ選手権、日本女子オープンの公式戦2試合の会場は、それぞれ登別CC(北海道)烏山城CC二の丸/三の丸C(栃木)となっている。

 

スケジュールがびっしりのレギュラーツアー以上に目立つのは、下部ツアーのステップアップツアーの試合数増だ。4試合増えて合計18試合。3月のラシンク・ニンジニア/RKBレディース(8~9日、福岡・福岡CC和白C)で開幕し、10月の京都レディース(19~20日、崎陽CC東C)で幕となる。

 

 


関連記事


タグ


コメント