ファウラー、欧州2勝目で自信。

2016年1月25日(月)07時54分更新
Pocket

リッキー・ファウラー(米)が、並み居る強豪たちを相手に勝利の雄叫びを上げた。

欧州ツアーの中東シリーズ初戦、アブダビHSBCゴルフ選手権(UAE,、アブダビGC)は、現地時間24日、前日からずれ込んでいた第3ラウンドと最終ラウンドを行った。現地時間23日に第3ラウンドがサスペンデッドとなっていた時点では、ファウラーを含めた4人が暫定首位に立つ混戦模様。だが、この日早朝に行われた残りのホールを終えて、ファウラーが単独首位に立っていた。

続けて行われた最終ラウンドの出だし2ホールでバーディー発進したファウラーは、そのまま波に乗るかに見えたが、7番でダブルボギーを叩いてしまう。しかし、続く8番でイーグルを奪って取り戻し、3打リードの通算15アンダーでバックナインに突入した。

スコアカード通りにパーを重ねる間に、同じ最終組のトーマス・ピータース(ベルギー)、先にプレーしているローリー・マキロイ(北アイルランド)ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)らが猛追。マキロイ、ステンソンが通算14アンダーで先にホールアウトした。ピータースもやはり14アンダーまでスコアを伸ばし、1打差に迫る。

これを突き放したのが、17番のバーディーだ。結局、通算16アンダーのファウラーが、最終ホールバーディーで15アンダーのピータースを振り切り、欧州ツアー2勝目を飾った。

 

昨年、米ツアーの”準メジャー“ザ・プレーヤーズ選手権とドイツバンク選手権で2勝し、一皮むけたファウラーは、この優勝でさらに自信を深めた。これを裏付けるように、世界ランキングも大会前の6位から4位に上昇。いよいよ今年はメジャータイトルを射程圏に入れる選手としてプレーすることになる。

 

 マキロイ、ステンソンが3位に入り、世界ランクNo.1のジョーダン・スピース(米)が通算11アンダー5位タイ。日本勢は出場していない。


関連記事


タグ


コメント