岩田寛が3打差9位に急浮上!

2016年1月31日(日)09時10分更新
Pocket

【米カリフォルニア州ラホイヤ30日=日本時間31日午前】
岩田寛のバースデーVが見えてきた。

男子米ツアーの「ファーマーズ・インシュランス・オープン」
3日目はサンディエゴ郊外のトリーパインズ・ノースコースで行われ、
この日68で回った岩田が前日の38位タイから首位に3打差の9位タイに急浮上。
35歳の誕生日となる最終日、念願の米ツアー初優勝をかけて戦うこととなった。

首位には45歳のベテランで日本でもおなじみのK・J・チョイ(韓国)と
米国のS・ブラウンが9アンダーで並走。
上位グループは8アンダーに2人、7アンダーに4人がひしめく大混戦となっているだけに、
岩田の爆発力は大きな武器となるはずだ。

この日の岩田は前日38位まで後退したため、裏街道のインスタート組に回された。
折り返しとなる18番、552ヤードのパー5では2オンし、2パットの
バーディーを先行させたが、続く1番で寄らず入らずのボギーを叩いてしまった。
しかし切れたり、切れなかったりと各選手が読みに苦しむトリーパインズのグリーンを
岩田はこの後、見事に攻略していく。

続く2番で2・5メートルを沈めすかさずバーディーを奪い返すと、
4番ではグリーンを右に外したものの、ここからチップインのバーディー。
6番では1・5メートル、8番では手前から4メートルをそれぞれ1発で
沈め、一気にV圏へと突入した。
ホールアウト後は黙々と練習を重ねた岩田。大逆転優勝への備えは十分だ。

〇・・・なおこの日、18番(552ヤード、パー5)でジェイソン・ゴアが
250ヤードの2打目を直接たたき込む、ダブルイーグルの快挙を達成した。


関連記事

    None Found

タグ


コメント