日本プロマッチの”大使”に丸山

2016年3月23日(水)05時17分更新
Pocket

7月29日から30日まで、北海道・恵庭CCで開催される
「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」
の大会アンバサダーに、丸山茂樹(46)が就任した。
3月23日、主催者のネスレ日本が都内で発表したもの。

会見場では同社の高岡浩三代表取締役兼CEOと丸山が、
報道陣を前に大会の事前番組をの公開収録。
実はこの大会、JGTO(日本ゴルフツアー機構)の競技ではない。
ネスレ日本は一昨年から過去2回、独自にマッチプレーの大会を開催していたが。
今年からは日本プロゴルフ協会(PGA)主管となった。
そのため晴れて13年ぶりに「日本プロゴルフマッチプレー選手権」の名が復活したというわけだ。

かつての「日本プロゴルフマッチプレー」は高橋勝成と尾崎将司が演じた雨中の激闘など、
数々の名勝負を生んだ公式戦だった。
だが、今大会は、名前こそ同じだが、ツアー競技でもなく、実質は別物だ。
だから歴代優勝者の欄に今年のチャンピオンが名を連ねることはない。
男子ツアーの賞金ランキングに加算されることもない。
JGTO(日本ゴルフツアー機構)の大会ではないからだ。

それでも選手にとっては優勝賞金の1億円は魅力。
丸山は出場選手の選考にも関わるとあって
「世界に目を向ける選手の、背中を押してあげたい」と
若手へのサポートを約束した。
また高岡CEOも「アンバサダーとして丸山プロをお招きし、
今年からPGA主管競技として倉本(昌弘)会長にご支援いただき
そうそうたるお顔ぶれのプロの方々にサポートしていただく大会として、
世界最大の食品企業である我々ネスレと、日本のみならず
世界最大の自動車メーカーであるトヨタさんのレクサス、という
この2つのグローバルブランドが主催する大会が長きに渡って
日本の選手をサポートするトーナメントに育っていけるように
その舞台を整えながら、会場に来ていただく方々だけではなく、
テレビとかインターネットを通じてファンの方々に
アトホーム的な大会を届けられるよう我々も頑張っていきたい」と語った。


関連記事

    None Found

タグ


コメント