宮里美香が1打差2位で決勝進出!

2016年5月21日(土)08時11分更新
Pocket

【キングスミル(米バージニア州20日)】
宮里美香が1打差2位の好位置をキープして、
決勝ラウンドに進出した。
リオ五輪出場権決定まで残り8試合となった
米女子ツアー「キングスミル選手権」は
キングスミルリゾートで行われた。

初日首位に立った宮里美香は2日目、
1番でいきなりチップインバーディー
を奪う好スタートを切ったが、
その後スコアを伸ばせず71。
首位の座こそ明け渡したとはいえ、
通算6アンダーで1打差の2位タイと
依然好位置をキープしている。
この日64の大爆発を演じたリュ・ソヨン(韓国)が
通算7アンダーの単独首位に立っている。

リオ五輪の日本代表は今のところ7月11日終了時点の
世界ランク上位2人に与えられる状況。
宮里の世界ランクは現在、野村敏京(10位)、
大山志保(39位)に続き3番手の41位。
逆転の出場権を得るためにはここからが正念場となる。

日本勢では横峯さくらがこの日2アンダーで回り
トータル2アンダーの23位に浮上。
初日65位と出遅れた野村敏京もこの日2アンダーで
通算1アンダーの37タイ位と、上位をうかがえる位置まで
上がってきた。
宮里藍、上原彩子も通算1オーバーの66位タイと、日本勢5人
全員が、決勝進出を果たしている。


関連記事

    None Found

タグ


コメント