宮里は8位で最終ラウンドへ

2016年5月22日(日)11時25分更新
Pocket

【キングスミル(米バージニア州)21日】
宮里美香にとっては痛恨のトリプルボギーとなった。

米女子ツアーのキングスミル選手権3日目、
2位タイからスタートした宮里は
10番でトリプルボギー。4つのバーディーこそ奪ったものの、
通算7アンダーの8位に後退した。

首位はこの日65をマークして10アンダーにスコアを伸ばした
タイのアリヤ・ジュタヌガン。2位グループにも、
タイのボーナン・ファトラムが浮上している。

同じく2位には韓国のリュ・ソヨンとチョンインジが続いており、
さながら「タイ・韓対決」の様相を呈している。

初日首位に飛び出し、トリプル以外は好調なショットを見せている
宮里だけに、最終日は大逆転を演じたいところだ。

なお日本勢は横峯さくらが4アンダーの24位タイ、上原彩子が
3アンダーの32位タイ、野村敏京が1アンダーの43位タイ、
宮里藍がイーブンパーの57位タイといまひとつ。


関連記事

    None Found

タグ


コメント