松山英樹、五輪出場を辞退!

2016年7月4日(月)07時16分更新
Pocket

【米オハイオ州アクロン3日】
リオデジャネイロ五輪のメダル獲得を有力されていた松山英樹(24)が、
出場辞退を表明した。
オハイオ州アクロンで行われていたWGC-ブリヂストン招待の最終日、
9オーバーの42位タイでホールアウト後に明らかにしたもの。
松山は4月のマスターズで7位に入った後帰国し、メディカルチェックやユニフォームの採寸を行っていた。
しかし多くのツアー選手がそうであるように、ジカ熱への懸念が直前まで払拭できなかった形だ。
五輪代表は来週の11日、世界ランキングを基にしたしたオリンピックランキングで決定する。
この結果2人の日本代表は、次点の池田勇太、片山晋呉、谷原秀人らが候補となる。


関連記事

    None Found

タグ


コメント