男子ゴルフはローズ(英国)が金

2016年8月15日(月)03時44分更新
Pocket

【ブラジル・リオデジャネイロ】
リオ五輪男子ゴルフ最終日はオリンピックゴルフコースで行われた。
試合は前日首位に立った2013年の全米オープン王者、ジャスティン・ローズ(英国)と、
今年の全英オープンを制したヘンリク・ステンソン(スウェーデン)の一騎打ちに。
最終ホールまでデッドヒートを演じ、15アンダーで並んだまま迎えた両雄は、
ほぼ同じような状況から第3打でグリーンを狙った。
勝負のかかった場面で6メートルとピンに寄せきれなかったステンソンに対し、
ローズは50センチにつけるスーパーショット。
追い込まれたステンソンはバーディーを狙ったが、
ボールは無情にもカップの右を抜けていった。
この時点で勝負あり。ステンソンは返しの2・5メートルも外してボギーを叩く。
2パットでも優勝のローズは16アンダーとなるバーディーパットをあっさりと決め、
右こぶしを突きあげた。
112年ぶりとなる男子ゴルフのメダルは金がローズ、2打差の2位で銀がステンソン。
銅メダルは最終日63をマークした米国のベテラン、マット・クーチャーが獲得した。
なお日本勢は池田勇太が3アンダーの21位タイ。
片山晋呉は最終日66をマークしたものの54位タイに終わった。


関連記事

    None Found

タグ


コメント