ライダーカップは米国が完勝

2016年10月3日(月)06時39分更新
Pocket

【米ミネソタ州チャスカ2日(日本時間3日)】
ヘーゼルティン・ナショナルGCで開催されていた米国と欧州の対抗戦「ライダーカップ」は、
戦前の予想を覆し米国勢が17対11で完勝した。
3連敗中で最近の10試合では2勝8敗と分が悪かった米国だが、
この1勝により通算成績を26勝2分け13敗とした。
主将デービス・ラブⅢと人望の厚さと指導力、
副将にタイガー・ウッズの起用、
さらに大会直前、米国チームを襲ったスーパースター・パーマーの死去の悲報。
この3大要因が劣勢を伝えられた米国の、大きな力となったのではないか。


関連記事

    None Found

タグ


コメント