松山、米今季初戦は2位発進

2016年10月23日(日)03時34分更新
Pocket

【マレーシア・クアラルンプール23日】
松山英樹が先週に続き好調だ。
米ツアー2016-2017シーズン第2戦CIMBクラシックは
TPCクアラルンプールで行われ、23アンダーにスコアを伸ばした
ジャスティン・トーマス(米国)が昨年に続き連覇を達成した。

20アンダーの単独2位には、今季米ツアー初戦となった松山が入った。
先週の日本オープンで優勝を飾ったばかりの松山だが、
今週もバーディー23個を量産し、公約の20アンダー超えを
果たす好調ぶり。
今季の大目標であるメジャー初Vに向け、まずまずのスタートとなった。

また石川遼も13アンダーで10位タイのフィニッシュ。
松山とコンビを組むワールドカップ
(11月24~27日、豪州メルボルン、キングストン・ヒースGC)
での活躍も期待できそうだ。


関連記事

    None Found

タグ


コメント