松山、全米オープン2位タイ!

2017年6月19日(月)08時15分更新

【米ウイスコンシン州エリン18日(日本時間19日)】
 第117回全米オープンゴルフ最終日(エリンヒルズ=7741㍎、パー72)、松山英樹(25)が最終日ベストスコアの66をマーク。通算12アンダーで2位タイに食い込んだ。今大会では80年の青木功に並ぶ日本人最高位。優勝は11アンダーの2位タイからスタートし、16アンダーまでスコアを伸ばした米国のブルックス・ケプカ(米国)。なお小平智は3オーバーの46位タイ、宮里優作は9オーバーの60位タイに終わった。☆松山の話=ショットがずっと良かったので楽にプレーできました。最終ホールのセカンドはもっとピンに行ければ良かったけど。


関連記事

    None Found

タグ


コメント