鈴木愛、23歳で初の賞金女王

2017年11月26日(日)02時55分更新
Pocket

最終戦までもつれ込んだ賞金女王争いは、鈴木愛が逃げ切った。
LPGAリコーカップ最終日は26日、宮崎CCで行われ
テレサ・ルーが15アンダーで優勝。
2位には4打差でイ・ミニョンが入った。
鈴木愛は重圧に苦しみながらも5アンダーの7位タイに食い込み、
見事初の賞金女王に輝いた。
「これでようやく眠れます」と何度も繰り返した鈴木。
キム・ハヌル、イ・ミニョン、申ジエら強豪の猛追に
遭いながらの女王だけに、喜びもひとしお。
久々にぐっすり眠れる夜がやってきそうだ。


関連記事

    None Found

タグ


コメント