大谷翔平、メジャー初本塁打!

2018年4月4日(水)10時45分更新
Pocket

【米カリフォルニア州アナハイム3日(日本時間4日)】
アナハイムの夜空へ大きな放物線を描いたボールは、
右中間のスタンド前列に飛び込んだ。

インディアンスとのホーム今季第2戦に8番DHで先発。
大谷は1回2死2,3塁の場面でホーム初打席に入った。
追い込まれ、粘りに粘った後に落ちるボールを強振。
1塁へと走り出した大谷は内心「フェンスに当たるかな」と
思いながら大飛球を目で追っていた。
それだけにボールがスタンドへと飛び込んだ瞬間の気持ちを
「スゴイうれしかったです」と振り返った。

早々と達成されたメジャー初本塁打。
ホームベースを踏み祝福を受けながらベンチに戻ると、チームメイトは
グラウンドに集中したフリをして大谷を完全無視。
大谷はベンチ内でポツーンと放置された。

業を煮やした大谷はチームメイトに「俺打ったんだよ~」と
アピール。示し合わせていたエンゼルスの仲間たちは、
クルリと一斉に振り向き、手荒いハイタッチの雨を降らせた。
大谷がいかにチームに溶けこみ、愛されているかを象徴するシーン。
次のイニングになっても収まらないスタンドのざわめきが、
その衝撃度の強さを物語っていた。

大谷は3回ウラの2打席目も2塁手のグラブを弾き飛ばさんばかりの
強烈な当たりでライト前ヒット。
連続安打でスタンドをわかせた。

記念すべきメジャー第1号。
それはまさに、メジャーリーグに衝撃を与える1発だった。


関連記事

    None Found

タグ


コメント